横浜モトブレイクの超不定期バイク屋日記

タイヤ交換 後輪編

昨日ブログに書く予定でしたが、すっかり忘れておりました。
心待ちにしていた方(誰も居ない?)すいません。

スクーターの後輪を外す場合は、まずマフラーを外さないと作業出来ません。
ホンダ系の原付の場合は車体下からフランジ部分のネジを外せますが、ヤマハ系はメットインを外さないと取り付けボルトまでアクセス出来ません。
今回はホンダ車なので、ちょっと楽です。

まずはエンジン側のM6ナットを2個外します。
(この画像撮るの苦労しました)



クーリングフアン横に付いているM8ナットを緩めます。
下側は外しちゃってOKですが、上側は全部外さないで下さいね。
マフラー下側を手で支えながら最後の1本を外して下さい。
フランジ部分にガスケットが付いているので失くさないようにして下さい。

 

はい、外れました。



変な減り方ですね。平らになってます。
きっと空気圧が低いまま走っていたんでしょうね。



次に車体からホイールを外しますが、皆さんはどうやりますか?
インパクトレンチで一気に緩めると楽ですが、かなりナットが痛みます。
どうしてもメガネレンチで外れない時以外は使わないようにして下さい。
インパクトを使う場合は一番低いトルクから初めて下さい。
私の場合は、まずメガネレンチを掛けます。



そして、車体左側に廻って左手でRブレーキレバーを思い切り握りながらメガネレンチを回します。
そんな器用な事出来るの?と思うかも知れませんが意外に出来ちゃいます。
(流石に画像は取れません。)
必ず平ワッシャーが付いているので失くさないように!



ホイールを外すとブレーキシューが見えます。
汚れてますね~~~



この時にブレーキシューの減り具合を確認しておいて下さい。
残りが少ない場合は即交換します。
この汚れ(ブレーキシューのカス)がブレーキの動きを悪くする原因になるので
ブレーキシューを外してパーツクリーナーで洗浄します。
ブレーキシューがまだまだ使える場合は一緒に洗浄します。
組む前にはドラムブレーキ用のグリスを稼動部分に薄く塗って下さい。

 

完成です。スッキリしました。



ブレーキドラム(ホイール側)も汚れていますのでパーツクリーナーで洗浄して下さい。

 

では、タイヤを外して交換しましょう。
















続きはこちら
作業日記 | 投稿者 モトブレイク 13:59 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<  2008年 8月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近のコメント
ダメであったよ(大泣…
モトブレイク 03/04 18:58
ダメであったか(笑)
にしやん 03/04 18:50
タイヤとチューブを入…
モトブレイク 08/27 13:38
納車お疲れさんでした…
にしやん 08/27 13:29
何度言われても、その…
にしやん 08/25 19:16
最近のトラックバック
ハーレーFLSTS編…
02/20 19:30
クルーズ スムージン…
02/16 11:02
ホビダス[趣味の総合サイト]